家電情報局

【家電情報局】は家電の気になる情報を発信しているブログです。

MENU

安いのに高品質!?中国メーカーのコードレスアイロンは実際どう?

今回は、Amazonに数多く出店されている中国メーカーの商品は本当に使えるのか検証した前回の動画で紹介したコードレスヘアアイロンの紹介をしたいと思います。

今回紹介するヘアアイロンはAvatoolという聞いたこともないメーカーのコードレスストレートアイロンです。

今回はその製品の特徴と実際に使ってみてどうなのかを検証していきたいと思います!


www.youtube.com

コードレスヘアアイロンの市場

コードレスヘアアイロンは国内のメーカーでも販売しているメーカーは非常に少ないです。

少ない理由は200℃前後にプレートを温める電気出力を持つバッテリーがコンパクトにできないからだと思われます。

 

実際に、某メーカーの製品でも「プレートが200℃になるのは、外気温が30℃のとき」など非現実的な使用環境下での数値になっていることが多いです。

 

現実的な環境下では200℃までプレート温度が上がることが少なく、満足できる製品が元々少ないのが現状です。

それでいて高性能のバッテリーを使う必要があるため、価格は5,000円から8,000円前後のものが多いです。

そこまで出して満足できない製品だとダメージが大きいので、比較的安い中国メーカーの製品で済んだら失敗しても諦めがつきそうです。

というわけで今回はAmazonで気になったコードレスヘアアイロンを購入して試してみることにしました!

Avatool コードレスヘアアイロン

3段階の温度設定が可能

こちらのヘアアイロン160℃、180℃、200℃の3段階の温度設定が可能で、髪質に合わせて選ぶことができます。

充電はType-Cで使いやすい!

充電コードの端子はUSB Type-Cの規格を採用

多くの安い商品がmicro-USB規格を採用する中で、ここは評価できる部分です。

Type-Cは差し込むときに上下を考えなくていいのでわずらわしさもありません。

4,500mAhのバッテリーで最大70分も使える!

コンパクトな筐体の中に大容量バッテリーを搭載しています。

最大70分も使用できるので、外出先でも安心して利用できます。

クッションプレートで髪へのダメージ軽減

挟むとプレートが沈んで髪にフィットする

アイロンのプレート部分はクッションプレートになっているため、弱い力でも髪にしっかりフィットし髪へのダメージを抑えてくれます。

使ってみよう!

実際の温度感

コードレスアイロンは温度があまり上がらないことで有名ですが、このアイロンは比較的温度が上がりやすい気がします。

実際に測れないので正しくは何度まで出てるかが検証できませんが、しっかり髪が熱くなっています。触ったら確実に火傷します。

使いやすさ

プレートが比較的小さく、手先のカールに使いやすいです。

本体もコンパクトなので、指先で髪の毛をつまんでる感覚に近いです。

パーマ風のカールを細かくやる場合や、前髪だけをカールさせる場合などには日常使いでもおすすめです。

髪はちゃんと真っ直ぐなる?

ストレートアイロンの一番の目的である「髪をまっすぐにすること」ができるかに関してですが、乾いた髪には有効なのではないかと感じました。

基本的にコードレスを使用する理由としては、コンセントの使用ができない場所、会社や外出先、学校などで使いたいからというのが一番です。

そこまで急を要して使うのは、梅雨の時期に髪がうねってしまったり、汗をかいて髪が乱れたときになどが多いと思います。

こういった場合、髪が多くの水分を含んでいる状況になります。

 

そうなるとアイロンの使用時にプレートの温度が下がってしまうので、温度が不十分になる可能性があります。

 

使用したいシチュエーションでは少し心もとないかもしれません。

安全性は?

安全性は問題なさそうです。

電源長押しでON/OFFができるわけですが、それだけではなくスライド式のON/OFFボタンもONにしてからじゃないと電源が入りません。

横のスライド式のボタンをONにしないと電源が入らない

長押しだけで電源が付く場合は、カバンなどに入れて持ち運ぶときに誤作動する可能性が高いです。

 

この製品なら誤作動のリスクが小さくなるので安心です。

総評

一通り紹介してみましたが、意外といい商品でした!
中華製とはいってもいい商品だと思います。

心配も多かったですし、失敗してもいい前提で購入しましたけど、買ってよかったレベルです。

若い方はネットで購入する機会も多いので、このような商品を購入して失敗することもあると思います。

自分の年齢やそれより上の人はあまりにも怪しい製品は買わないと思いますが、意外といい商品もあったりしますので試してみる価値はあります。


購入する際はしっかり確認することがおすすめですが、いろいろ試してみてはいかがでしょうか。

 

当サイトのご利用にあたって