家電情報局

【家電情報局】は家電の気になる情報を発信しているブログです。

MENU

家電量販店の店員がすすめる!ロボットクリーナーBEST3

このシリーズは家電量販店に勤務する筆者がおすすめの家電を簡単に紹介するものです!
分類ごとにBEST3までの商品をシンプルに紹介していきます。

今回紹介するのはロボットクリーナーBEST3です!

家電量販店の店員のおすすめロボットクリーナーBEST3

1、 iRobot ルンバ i2

高機能なのにとにかく破格!

上位モデルにしか搭載されていなかった機能を搭載して、価格はなんと3万円台という設定の機種。

前モデルのe5よりも高性能化したのにも関わらず、価格は下がるという、よくわからない設定となっています。

 

初めてのロボット掃除機として手を出しやすく、それでいて高性能で使いやすい機種となっているのでおすすめです。

アプリ連携で掃除を見える化

ルンバ i2はiRobot Homeアプリに対応しており、掃除の開始やスケジュールなどを設定することができます。

また、Clean Mapレポートに対応したため、清掃エリアの把握や清掃時間の確認ができます。

間取り図が表示されてどこが掃除できたか把握できるので、ちゃんと掃除ができてるか確認することができます。

2、 iRobot ルンバ j7+

見て認識し、避ける技術がすごい!

ルンバシリーズとして初めて前方にカメラを搭載して、進路になにがあるかを検知することができます。

床に落ちている配線コードや、置いてあるスリッパなどを検知することができ、巻き込むことなく掃除をしてくれます。


床に色々なものを置いていて、ロボット掃除機は向かないと思ってた人にもおすすめの機種となります。

ペットがいる家庭に安心の保証

カメラで障害物を確認できるルンバ j7+ですが、ペットの排泄物も検知できるため、ペットがいる家庭にもおすすめの機種です。

また、保証期間内であれば排泄物を巻き込んでしまった場合に1回まで無償でサポートをしてくれます。

3、 DEEBOT X1 OMNI

最強の全自動掃除機

吸引の掃除はもちろん、水拭きや、ゴミの自動吸引まで行ってくれる最高峰モデルです。

しかも、水拭きモップの自動給水や自動洗浄、さらには乾燥までおこない、いつも清潔なモップで洗浄することができます。


ここまで自動でやってくれる機種は類を見ないので、全てが面倒だという方にはおすすめの機種です。

業界最先端の回避機能

3D物体回避機能に加え、カメラによる障害物検知、超音波センサーによるSLAM技術(間取りの把握と自己位置把握)で、障害物を回避しつつ、効率的に掃除をすることが可能です。

ルンバについたカメラ機能とパナソニックのルーロについたSLAM技術の両方を兼ね備えているので、検知レベルは最強レベルです。

 

 

ということで今回はおすすめのロボット掃除機の紹介でした。

ロボット掃除機業界はiRobot社と中国メーカーの独擅場となっており、日本メーカーはもう勝つことはできないでしょう。

高性能なのに安い中国メーカーとiRobot社とそうでもないけど高い日本メーカー。今となっては日本メーカーは撤退することも多く、まだ生産しているメーカーもほぼ、モデルチェンジはせずに一応出している状態です。


全メーカー撤退の可能性も高いので、購入するならルンバシリーズか中国メーカーがおすすめです。


気になる機種はぜひ公式サイトや家電量販店でチェックしてみてください!

当サイトのご利用にあたって